2010年10月09日

ヴィンタートゥール美術館展



先日の晴れた日に散歩がてら世田谷美術館で展示中のヴィンタートゥール美術館展を観てきました目

近いのに暑さでいく気が失せていて、涼しくなってから〜と思っていたら結局終了間近ダッシュ(走り出すさま)


日本初公開の作品群という事とスイスの小さな都市にある美術館の所蔵品であるという事でとても楽しみにしていました。終了間近になっちゃいましたが。。。

ドラクロワ、ゴッホ、ジャコメッティ、コロー、ユトリロ、、、私がぐっとくる作家のコレクションで、思わずスキップしちゃうんじゃないかと心配になるくらい。
いつ出会っても感動しますね。

この美術館は小さな都市にあると言っても、個人資産家が集めたもので構成されていてどれも何とも言えず魅力的。こんなに文化的志向の高い人々が集まる都市があるとはすばらしいの一言に付きます。

それを知ると私ならこれが欲しいなー。なんて思ってみたり。

ゴッホ.jpg

今回の目玉!ゴッホの郵便配達人の絵はバックの何ともいえない色と力強いタッチに改めて感動わーい(嬉しい顔)



新たな発見もありました。
ちょっと苦手だと思っていたルドンにこんな素敵な画が

オディロン・ルドン.jpg


ホント、きれいでした。


やはり実物は違います。
なんといっても色が。そして筆のタッチが。
ゆったりと展示されていて落ち着いて鑑賞できたのもよかった。

世田谷美術館1.JPG
posted by ばぁ at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
ゴッホの絵は、立体感がすごいんだろうな。
本物の筆のタッチとか見ると、鳥肌立つときありますね。

砧公園には時々行くけど、美術館には行ったことがないわ〜。
もう何年も、本物の絵画を見ていないかも(* *;)
今度、チェックしてみます!
Posted by nombre3 at 2010年10月09日 17:07
nombre3さん

公園が広いからなかなか美術館まで到達しませんよねー。

ヴィンタートゥールもよかったのですが、
2階で展示していた所蔵作品展の
小堀四郎と鴎外の娘 「ひと筋の道」展がよかったんです!
こちらはまだしばらく見れるようなので
ぷらっと行けたらいいですね。
Posted by ばぁ at 2010年10月09日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41198260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック